【フラッガー】熊原郁子(長田のクマさん)
【時】11月8日(金)
【参】申し込み方法など詳細は長田のクマさんFBページでご確認ください。要予約。

鮫島さやか・坂本京子ルポ

 焼肉と韓国料理のお店「長田のクマさん」は、JR兵庫駅から歩いて10分くらいのところにある。オーナーの熊原郁子さんの前職は、神戸市の公務員だった。1977年に下関から船でソウルに観光に行って以来韓国料理に魅せられ、足繁く韓国に通い独学で腕を磨き、2011年にお店を開く。3年前に脳梗塞を患ったこともあり、今年の9月からはお店はしばしお暇をいただくそうで、神戸文化祭期間中は長田の番町地区の町歩きを開催する。番町地区の歴史や食をたどることで、地域の持つ様々な表情に直に触れることができるだろう。
これまでで一番印象に残る出来事は、阪神大震災とのこと。ご自身の家も全壊したものの、お子さんを妹さんに預け、当時区役所勤務であり家にまったく帰れずに仕事に従事した。「民間の方が家を再建するのは本当に大変だったと思う」と語りながらも、公務員を辞めお店を始めたのは、韓国料理が好きなのはもちろん、1977年から住んだ長田が好きだったからだろう。街を深く知るために、文献に目を通し歴史を学び、史実に真摯に対峙する郁子さんの姿からは、「知る」ことの豊かさが伺える。