[02]安達真一(啓文社印刷工業)
「記憶に残る印刷物」を合言葉に活版印刷をはじめ心動かすディテールの印刷を手がける印刷会社です。技術をいかしたさまざまな表現手法で、手にした人の心を動かす印刷物をお届けしています。今回の文化祭は、新しい試みの発表の場でもあり、技術をいかした紙もの雑貨の販売や誰もが印刷の魅力を体験できるワークショップなどを開催する予定ですが、コロナの状況でまだわからない状況ですので、詳しくは神戸文化祭のHPや当社のHPで御確認下さい。
https://www.k-bunsha.com
Instagram:@keibunsha