【フラッガー】安川エリナ(関西アートカレンダー)
【時】11月2日(土)3日(日)4日(月・祝)とほか、天候の良い日の明るい時間。開催日時やお知らせ、当日の模様は、snsや文化祭のページで呟くと思うのでまた覗いてみて下さい。
Twitter:@ppp518/Insta:ppp518erina/FB:erina yasukawa
【場】東遊園地(神戸市中央区加納町6丁目)又は、みなとのもり公園(神戸市中央区小野浜町)の芝生スペースの予定です。ピクニックシートに灰色ウサ( ・ x ・ )と文化祭フラッグが目印です☆
【参】参加無料・予約不要(オヤツや飲み物、ご飯などは、各自持ち寄りで)

◎去年よりおっきくなった愛兎ピィさんと『うさんぽ=うさぎと散歩』( ・ x ・ )今年は出会えた人と一緒の写真、たくさん残せれたらなと思っています。そして、いつものように一緒に芝生の上でゴロゴロしながら、のんびりピクニック出来たらなと。ウサ用のリードをつけますが、とてもマイペースで好奇心旺盛なので、ワンコのように一緒に歩いたり走ったりというよりは、ウサの気分次第の走ったり止まったりに、人間が合わせてついて行くみたいな具合です。ウサのポーカーフェイスの中には、実はとても豊かな喜怒哀楽を持っています。ぜひ一緒にそんないちめんも感じていただければです( ・ x ・ )いきなり掴んだり引っ張られたりするとビックリしてウサパンチするかも知れませんのでwどうぞ優しく一緒に、のんびり遊んでください。

中野桜良ルポ
 大きなバスケットを持って取材場所C.A.P.に現れた安川さん。そのバスケットにはうさぎのピィさんがちょこんと収まっていた。かぼちゃサイズのピィさんは、灰色でふわふわ。ぴ ょこんと立った耳に、くりんとしたおめめ。人に馴れていて、誰が抱っこしてもおとなしいため、C.A.P.のみなさんも大喜び。一方、好奇心旺盛なピィさんは目をくりくりさせてあ たりを見渡す。まるで私たちの方が観察されているようである。そんなピィさんの飼い主で ある安川さんは、「ペットは飼い主に似る」という言葉通り、ふわふわ穏やかな方だった。 芸術もお好きで、時間のある日には度々ギャラリーを見て回っているそう。神戸文化祭では 昨年と同じくピィさんとふれあいながら、みんなでお散歩する。良い天気の公園でみなさんも「うさんぽ」で癒やされること間違いなしです。