【フラッガー】阿部大(湊山温泉)
【時】11月2日(土)~17日(日)5:00~23:30 水曜定休(2階図書館は水曜以外オールナイト営業)
【場】湊山温泉 神戸市兵庫区湊山町26-1

◎通常営業

鈴木勝ルポ
 平野の路地を抜け、天王谷川が深い渓流になる辺り。祇園神社の杜が見下ろす一角は、市の中心部も近いのに時が止まったような異界感に満ちる。その中心をなす湊山温泉が存続の危機にあったことはまだ記憶に新しい。その危機を救った社長さんが、当時は辞めるつもりだったという阿部さんを引き留めたのは慧眼というほかない。いまや湊山温泉は温泉そのものの良質さに加え、毎日がイベントの変な(誉めてます)温泉としても名高く、その独特の磁場は強まるばかりだ。さらに今夏からは2階に休憩スペース&私設図書館がオープンする。阿部さん曰く“ダメになるまで”居て欲しい、とは!なんということだ。杉板貼りの広々した空間にある意味「おたく感」にこだわった本が集められ、さらに心地よい風が吹くルーフテラスまで。こんな場所に“ダメになるまで”居られるなんて・・・。さあ、みんなで“ダメに”なりましょー。そこから始まる、文化があります。