【フラッガー】飯山ゆい・鈴木勝(音遊びの会)
【時】11月17日(日)14:00~16:00
【場】音遊びの会スタジオ 神戸市兵庫区浜山通3-4-5 和田岬会館3F
【参】参加費:1000円(終了後におやつと飲みもの有)

◎音遊びの会は知的な障害のある人ない人が共に即興演奏をするワークショップを14年間つづけています。演奏のうまい下手、障害のあるなし、年齢その他は関係なし。音、身体、絵、言葉、存在…なんでもOK、出入り自由のセッション大会!普段は3名限定・参加料2,500円のところ、今回は神戸文化祭特別企画です。*階段が困難な方はお問い合わせください(otoasobinokai@gmail.com)

垰下憲司ルポ
 ドンドンドン、ピー、スットコドッコイ?僕は今、意味と無意味の境界線上の世界に無数の音とともに漂っている。ここ和田岬会館は一昨年から音遊びの会の拠点となったところだ。音遊びの会は2005年に結成された、知的な障害のある人を含むアーティスト大集団だ。代表の飯山さんからお話をする前にまずワークショップの様子を見ていただければ。という提案があり、興味津々、少しの不安、ドキドキとオッサンの純情を全開にして体一つその世界に飛び込んだ。そこに広がっていたのは色鮮やかな音色と個性の入り混じったカオスな時間と空間だった。障害の有無、親と子、音楽家と素人、様々な社会関係性や境界を飛び越え、自由に個を確立させながらも音という共通言語で自在に遊ぶ音の世界の住人たちに連れ出されて、僕は意味も無意味もかたちを失った始原の世界に漂っている。飯山さんの「ハチャメチャなんだけど最後は感動してしまう」という言葉が時を超え聞こえた。