【フラッガー】奥村千織(1003)
【時】11月2日(土)~17日(日)12:00~20:00/定休日:毎週火曜、第2・第4水曜※11月3日臨時休業
【場】1003 神戸市中央区元町通3-3-2 IMAGAWA BLDG.2F(MAIL:1003books@gmail.com/TEL:050-3692-1329)
【参】通常営業

◎期間中、営業時間変更の可能性がありますので、下記webサイト・SNSにてご確認ください。
website http://1003books.tumblr.com
twitter @1003books 
instagram @1003books

吉村弥恵ルポ
 今年の9月で、4周年を迎えた1003。店主の奥村千織さんに、閉店後お話を伺いました。既に一杯ひっかけている私。鞄の中にはつまみ。店の戸をからりと開けると、そこにはお客さんと乾杯を済ませた奥村さんが。そうです、1003は、店主がお酒好きということもあり、酒や肴の本が充実している上に「ちょっと呑める」本屋さんなのです。そして古書のみでなく、セレクトされた新書にも、訪れる度「読書心をくすぐられる」本屋さんです。店を構えてから、通常の営業に加え、本のイベントや出店に、忙しくされている奥村さん。消去法で本屋になったけれど、この4年間、辞めたいと思ったことはない。と、きっぱりおっしゃいます。お客さんとの出会いから、勤めていた頃より世界はうんと広がり、おもしろいと思える毎日が「幸せです」と、ほろ酔いで繰り返す奥村さんに、同席していたRさんが「人柄がいいからよ!」と一言。ハートランドを傾けながら、頷く吉村でした。