(3)ピィさんとうさんぽ
【フラッガー】安川エリナ(関西アートカレンダー)
【時】11月3日(水)〜5日(日)のうちで、天気の良い日 ※近づきましたらtwitter、FB、HPなどで告知いたします。
【場】東遊園地 神戸市中央区加納町6丁目
【参】参加無料・予約不要(オヤツや飲み物、ご飯などは、各自持ち寄りで)
http://artcalendar.hatenablog.jp/
https://ja-jp.facebook.com/KansaiArtCalendar/

 

うちの愛兎ピィさんと『うさんぽ=うさぎの散歩』を、ゴロゴロしながら、一緒に出来たらなと。ピクニックシートをひろげて、芝生でピクニックという感じで。ウサはリードをつけた状態で、噛んだりすることはないので、初めての人も大丈夫だと思います。ワンコのように一緒に歩いたり、走ったりというより、人間がウサの気分次第で、走ったり止まったりに合わせてついて行くみたいな具合です。(;^ω^)大体じっとしていると思います。

——

7月のとある暑い日、エリナさんと待ち合わせをして阪神御影駅ちかく、築山有城さんのアトリエでお話しをうかがいました。普段から多くの展覧会に足を運ばれたりアート関連のイベントに参加されているエリナさん。web上では「関西アートカレンダー」の活動をされています。神戸文化祭は今までハンターとして楽しんでおられました。フラッガーとして参加するにあたって、「それぞれの人がそれぞれの好きなことをして参加されている…自分の好きなことと言えば…」と考えた結果思いついたのは、エリナさんが愛してやまないうさぎのピィさんと、皆さんと一緒に『うさんぽ 』(うさぎの散歩) したい!、でした。今、一緒にいるネザーランドドワーフのピィさんとは運命的な出会いをされたそうです。大切に育てられ、「ちっさめのコだけどもうおじさん」だそうです。うさぎのかわいさポイントは「何を考えてるかよくわからないところ」で、「いてくれるだけでいい!」存在のピィさん。エリナさんの後輩くんが作ってくれたという名刺の写真は芝生の上で寛ぐピィさんと、ピィさんをかわいく撮ることだけに集中しているエリナさんの姿です。名刺からも十二分に伝わるうさぎ愛。ピィさんそして、うさぎの不思議な存在感とかわいさを「一緒に芝生でゴロゴロ体感しに来てもらいたい」とおっしゃるエリナさんです。(児玉ルポ)