(43)奥村誠展「CUBE」、合同展「世界ノ物語」
【フラッガー】所薫子(アートスペースかおる)
【時】展覧会によって異なります。
【場】アートスペースかおる 神戸市中央区山本通4-27-10(TEL:078-242-8770)
http://art-kaoru.na.coocan.jp/

 

野外展示は、ほぼ無休で一年を通じて行っており、作品制作段階から公開され、その後2か月、いつでも外から自由にご覧いただけます。野外展示の「世界ノ物語」は10月27日(金)〜29日(日)も開催しています。 野外展示:奥村誠展「CUBE」 11月1日(水)~12月24日(日)※公開制作 11月1日(水)13:00~14:00頃 屋内展示:合同展「世界ノ物語」 11月3日(金祝)〜5日(日)11:00~18:00(最終日16:00まで)

——

2007年に活動を始められ、11年目を歩き続けるアートスペースかおるさん。まずは行き方から。市バス7番に乗って山本通4丁目で降ります。バス停の目の前にある階段とすこし急な坂をあがると左手に「…ここかな」と思うお家が見えてきます。門に近づくと展覧会の看板が見えて「ここだ…!」。 季節とりどりのお花が植えられたアプローチを進んで玄関のドアを開けると…。初めてお邪魔したときは玄関で「上がっていいのかな…」と立ちつくしていましたが心配無用で、オーナーの所さんが明るく出迎えてくださいます。階段を上がると天窓のある、すこし秘密の隠れ家の雰囲気のある山小屋のようなお部屋と、広い壁面の展示室があり、窓からは港のほうまで臨めます 。展示を観ていると、かおるさんがさりげなくつないでくださって、作家さん、展示を観に来ている人たちと自然に話しが始まります。 5年前から通りに面したお庭で野外の展示も始められました。きっかけは作家さんからの提案だったそうです。散歩コースで通る人、登山の途中の人、界隈に住む外国の人たち、さまざまな人たちが庭の展示を通りすがりに観ていかれるので3ヶ国語で書かれたキャプションを用意されています。普段あまり美術になじみのない人でも気軽に観ていくことができます。かおるさんにいて本当の意味で自由な展示を観ていると私はいつも「こうでなければ」という塊がほどけていく感じがします。 フリーペーパー「こけつまろびつ」を受け取ったら、リセットされた眼になってギャラリー散策に出発!三宮・元町のギャラリー巡りをする週末、起点はアートスペースかおるさんです。(児玉ルポ)