(18)個人で抗う展覧会-アジトコジンナーレ-
【フラッガー】山本雅也(美術作家)
【時】11月1日(水)〜5日(日)13:00~19:00ギャラリー展示/19:00〜BAR
11月4日(土)のみ臨時休業となりました。申し訳ありません!!
【場】ART SPACE AZITO. 神戸市兵庫県中央区元町高架通2-260
http://azito.yokochou.com/

 

「個人で抗う展覧会-アジトコジンナーレ-」 はグループ展として皆で協力して作り上げるのではなく、個展の集合体として展示をするというテーマでの企画展になります。 BAR時間には「神戸文化祭オリジナルカクテル」を提供させていただきます。 神戸文化祭の旗をイメージしたオレンジで、フルーティなカクテルとなっております。

——

「ART SPACE AZITO.」は神戸元町高架下、モトコ―タウン6番街にあるバーでありギャラリーでありアジトである。絵画、イラスト、立体、クラフト、書・・・などを展示する基本的にはギャラリーであるが、今回はバー時間にお邪魔した。店主の山本雅也氏は造形から転じ絵画を志すようになったAZITO.の経営者で現役の美術作家でもある。 もともとは元町高架下にある空き店舗の活用を相談され、なんとなくアトリエとして活用したことに始まる。シャッター街特有の静けさが気に入っていたが、やがて噂を聞きつけた後輩達がたむろし始める。しかしその後輩達から作品を展示させて欲しいという要望があり、アトリエをギャラリーとして貸し出すようになった。また展示会のたび自腹で飲食をふるまうことに疑問を持った山本氏は「お金をとって飲食を提供する」ことに決め、それに必要な資格を取得する。こうしてAZITO.はバーとしての機能も備えることとなった。 それにしてもここに集う人々は面白い。自作のヒーロー「軟体怪人シナヤカーン」の活動やPVに出演する役者としての顔も持つ山本氏をはじめ、極度の人見知りから隠れてシェイカーを振っていた過去を持つスタッフ氏、時折店の前を通り挨拶する数人の若人、店内にお菓子を持ち込みふるまう女性、無口なサラリーマン風の人・・・どんな人も受け入れてしまうような奔放な空気がAZITOには流れている。壁面に飾られた強烈な展示作品がそれに拍車をかける。 自分自身であらんとする人々の集う、文字通りの「アジト」。行ってみないとこの雰囲気は解らない。「ART SPACE AZITO.」ますます気になる場所である。(ハヤセルポ)