(9)東町ミュージックカフェ
【フラッガー】磯島よしひろ(神戸東町待合楽団)
【時】11月3日(金祝)、5日(日)11:00~22:00頃
【場】磯島歯科 兵庫県神戸市中央区東町116-1 シティライフ三宮ビル7階
【参】参加無料・予約不要
http://www.kobe-kyoryuchi.com/cgi-bin/guide/info.cgi?shop_id=222

 

ライブ演奏・・・神戸東町待合楽団、他出演者多数!お菓子付き。

——

磯島さんは三宮で開業している歯医者さんです。でもちょっとオモシロイ歯医者さんです。みなさんは歯医者さんの待合室で行われるライブを見たことがあるでしょうか?磯島さんは神戸東町待合楽団というバンドのリーダーです。勘の良い方はお気づきかもしれませんが、このバンドは待合室で練習、ライブをしてしまうのです。待合室は決して広くはありません。ここでライブをするという発想がどこから来たのか?磯島先生とメンバーのやっこさんにお話を伺いました。 小学生の時にギターを弾き語るYMCAのお兄さんを見て音楽に目覚めた磯島さん。フォークにハマり中学校の時にはオリジナルソングを作っていました。友人たちの前でオリジナルを披露するとヒット曲のカヴァーだと間違われることで自信を深めたそうです。高3の頃には音楽で身を立てようとギター1本を抱え東京まで家出したことも。しかし家出の計画表を机に出しっ放しにしていたため結局親バレ。あえなく計画を断念しました。その後それなりに音楽活動を続けますが仕事や家庭を持つに至りだんだんと活動も先細っていきます。音楽を出来ない環境に精神的にも参ってしまっていた頃、職場の同僚の助言で再び音楽をやり始めます。それが15年前。現在も神戸東町待合楽団として磯島さんの音楽活動は続いています。なぜ待合室でのライブが始まったのか?磯島さんは忙しい歯医者さん。練習時間の確保が難しい。そのため昼休みに公園などで練習していたのですが、ある時、職場の待合室なら機材を運ばずに練習できるのでは?と思い待合室で練習、ライブをするようになりました。こうして世にも珍しい「歯科医院ライブハウス」ができ上がったのです。しかも音楽が縁で歯科医院のスタッフになったメンバーもいるとのこと。音楽を自分たちの生活に引き寄せ日々の楽しみとして他者と分かち合う。ここには実に自然に音楽があります。とはいえ歯医者さんの待合室で音楽を聞く機会はそう滅多にありません。貴重な?体験をしに磯島歯科へぜひ!(ハヤセルポ)